コラム

外壁塗装の耐用年数は10年?20年?塗料ごとの違いや塗り替えの時期を解説

外壁塗装は建物の外観を守り、耐久性を確保する重要な要素ですが、その耐用年数は塗料の選択や定期的なメンテナンスに大きく依存します。

耐用年数を延ばすためには、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、耐用年数が長い塗料を選ぶことが重要です。シリコンやフッ素塗料は紫外線や気象条件に強く、剥がれやひび割れが少ないため、外壁の寿命を延ばす効果があります。

また、定期的な清掃も外壁の耐久性を向上させます。

軽いブラッシングや水洗いで汚れを取り除き、清潔な状態を維持します。

信頼できる外壁塗装業者に依頼することも大切です。優れた業者は適切な資格を持ち、専門家のアドバイスを提供してくれます。

これらのアプローチを組み合わせて、外壁を美しく保ちながら耐用年数を最大限に引き出しましょう。建物の外観と機能を守るために、外壁のケアを怠らず、長寿命な外壁を実現しましょう。

外壁塗装の耐用年数は、塗料や立地などによって異なる

外壁塗装の寿命は、使われる塗料や住宅の環境、適切なメンテナンスによって左右されます。

気温や湿度、雨風の影響も大きく、これらの要因が合わさり、外壁に影響を与えるのです。

一般的には、外壁塗装の耐用年数は10年から20年が目安とされています。

塗料ごとの耐用年数の違い

シリコン塗料

シリコン塗料は耐候性に優れ、約8~15年ほどの耐性があります。また、外壁の美観を保ちながら、雨や紫外線から守ります。

フッ素塗料

フッ素塗料は約10~20年ほどの耐性があり、耐久性が高い特徴を持っています。外壁を長期間美しく保つのに適しています。

ラジカル塗料

ラジカル塗料も約10~16年ほどの耐性が期待され、耐候性に優れています。

無機塗料

無機塗料は約10~15年ほどの耐性があり、有機塗料とは異なり、無機質な成分でできています。外壁の通気性を保ちつつ、耐久性を提供します。

当社の特別ブランド塗料

堀内美建の3社共同開発の特別ブランド塗料である「プラチナシールド」は、約15年~25年の耐性があります。毎年宮古島において検証試験を実施し、高耐久性が証明されています。

耐久性に優れていることから、塗り替えのサイクルもフッ素より長く、ライフサイクルコストの面からも非常にメリットが大きいです。

塗料の種類体制年数特徴
シリコン塗料約8~15年最も普及していて人気がある塗料。
外壁の美観を保ちながら、雨や紫外線から守ります。
フッ素塗料約10~20年価格は高めですが、耐用年数が長い。
ラジカル塗料約10~16年アクリルベースの塗料で防汚性・防藻性・防カビ性に優れ、耐候性が高い。
無機塗料約10~15年外壁の通気性を保ちつつ、耐久性を提供。
プラチナシールド約15年~25年耐久性に優れ塗り替え回数が1/3になることも。

こちらの記事ではさらに詳しく外壁塗装の塗料の選び方について解説しています。

外壁の塗り替え時期を判別する方法

チョーキング

チョーキングとは?
チョーキングは外壁の表面が白く粉状になる現象を指します。これは塗料が紫外線や雨風にさらされ、劣化してしまう結果です。

外壁が粉を落とすことで美観が損なわれ、保護機能が低下します。

チョーキングのサインと対処法
サインとしては、手で触れると手に粉がつくことが挙げられます。

また、外壁の色が褪せて見えることもあります。対処法は、高圧洗浄や塗り替えがあります。高圧洗浄で古い塗料や粉を除去し、新しい塗料で保護することで外壁を健康に保ちます。

ひび割れ

ひび割れの原因と種類
ひび割れは外壁が環境の変化に対応できないことから発生します。主な原因は地震や気温の変化、建物の収縮・膨張です。表面のひび割れと、壁全体にわたる構造的なひび割れがあります。

ひび割れの対処法
表面のひび割れには、シーリング材を使って補修する方法があります。

構造的なひび割れは、専門家の助言を仰ぎながら補修が必要です。

また、予防策として建物の基礎や構造の点検が大切です。

カビ

カビの発生原因と予防方法
湿度が高い環境や通気が悪い場所では、外壁にカビが発生しやすくなります。カビの原因は湿気と暗さです。

通気性を良くし、湿気を適切にコントロールすることが予防のポイントです。

カビ対策のポイント
カビ対策には、外壁の定期的な清掃が効果的です。カビが発生してしまった場合は、中性洗剤を使って優しく洗浄し、乾燥させることが重要です。

さらに、通気孔の確認や改修もカビの予防になります。

サビ

サビの発生原因と予防方法
サビは金属部分が酸素や水分と触れ合うことで発生します。外壁の金属パーツや付属品がサビやすいです。特に、海の近くや湿気の多い場所では注意が必要です。

サビ対策のポイント
サビ対策には、定期的な塗り替えや、サビ止めの塗料を利用することが重要です。定期的なメンテナンスでサビを予防し、外壁の美観と耐久性を保ちましょう。

耐用年数が長い塗料を選ぶ

耐用年数が長い塗料の特徴

耐用年数が長い塗料は、主にシリコンやフッ素塗料があります。

これらの塗料は紫外線や気象条件に強く、外壁を長期間美しく保ちます。また、耐久性が高く、剥がれやひび割れが少ないのが特徴です。

おすすめの耐久性のある塗料

シリコン塗料は外壁の撥水性を向上させ、長寿命を実現します。

フッ素塗料も耐久性に優れ、外壁を効果的に保護します。これらの塗料を選ぶことで、外壁の耐用年数を延ばすことができます。

定期的に清掃する

清掃の重要性

定期的な清掃は外壁の健康を保つために重要です。汚れやカビ、チョーキングなどがたまると、それが原因で外壁の劣化が進む可能性があります。清掃によって外壁を清潔に保ち、耐用年数を延ばすことができます。

外壁の定期的な清掃方法

軽いブラッシングや水洗いが効果的な清掃方法です。汚れた部分を優しく掃除し、定期的に行うことで、外壁の美観を維持し、耐用年数を延ばすことができます。

信頼できる業者に依頼する

優れた外壁塗装業者の選び方

信頼性のある業者を選ぶことが外壁の耐用年数を延ばす鍵です。口コミや実績、適切な資格を持つ業者を選ぶことで、施工の品質が向上し、長寿命な外壁を実現できます。

専門家のアドバイス

外壁の専門家に相談し、定期的な点検や適切なメンテナンスを受けることも大切です。専門家のアドバイスを受けることで、外壁の状態を正確に把握し、問題を早期に解決できます。

信頼できる業者のアドバイスに従うことで、外壁をより長く健康に保つことができます。

まとめ

外壁の耐用年数を延ばすためには、慎重な選択と定期的なケアが重要です。まず、耐用年数が長い塗料を選ぶことがポイントです。シリコンやフッ素塗料は紫外線や気象条件に強く、剥がれやひび割れが少ないため、外壁を長寿命に保つのに適しています。

定期的な清掃も外壁の耐久性を向上させます。軽いブラッシングや水洗いにより、汚れやカビの発生を防ぎ、外壁を清潔に保つことができます。

そして、信頼できる外壁塗装業者に依頼することも大切です。

千葉県船橋市で外壁塗装や屋根塗装を行いたいと思った際は、堀内美建にお任せください。

短い工事期間で、確実なリフォームや塗り替えを実施しています。まずはお気軽にご相談ください。