火災保険・かし保険

棟板金は強風による影響を受けやすく、
板金を止めている釘が浮いてくることがありますが、
これも火災保険保証内になります。

火災保険適応について(原状回復)

火災保険を適応できるかもしれません。まずは無料診断から。 台風や大雨・大雪などで屋根や壁にダメージを受けている方、必見!! ダメージを受けてから2年ほど経っていても適応される可能性があります。 お客様が加入している火災保険を使って、原状回復できる可能性があります。 堀内美建は建設業許可取得業者なので、安心して診断と工事を任せることができます。

まずは申請しましょう!

火災保険適応について

堀内美建がお手伝いできること

堀内建装がお手伝いできること

✔現地調査 無料!

✔見積書の作成 無料!

✔災害状況の調査報告書作成 無料!

✔原状回復に必要な工事

<手続きの流れ>

電話またはお問い合わせフォームよりご相談いただきます。

堀内美建が無料診断をします。

堀内美建が診断結果を報告します。

保険会社へ申請書類を請求します。

堀内美建が調査報告書と見積書をお客様に提出します。

お客様ご自身で申請書類、調査報告書、見積書を保険会社に提出します。

保険会社が調査の後、保険適応の可否をお客様に報告します。

保険適応が決定の後、原状回復工事を着工します。

 

※弊社では、おりた保険金に対しての手数料の請求はいたしません。お気軽にご相談ください!

!!火災保険詐欺に注意!!

「火災保険の保険金を使って、自己負担なしで住宅の修理ができます」などと言って工事契約を結ばせようとしたり、事務手数料・書類作成手数料など、不当な金額を請求する業者がいます。また、火災保険の申請は、通常お客様ご自身で行います。基本的に業者は書類の作成のみで、代理で申請することはありません。「こちらで保険申請します!」「こちらで申請書類を書きます!」などと言われたら要注意!

適用事例

火災保険適用_適用事例01

CASE1

台風の影響により屋根の棟板金が浮き発生。

火災保険適用_適用事例02

CASE2

台風の影響により破風板が欠落。

火災保険適用_適用事例03

CASE3

台風の影響により屋根の棟板金が強風により飛散。貫板がむき出しになった。

CASE4

雪の影響で雨樋が破損した。

かし保険について

堀内美建はリフォーム瑕疵保険の事業者登録をしています。

リフォームの瑕疵(かし)保険とは簡単に言うと、住宅のリフォームにおいて、「検査」と「保証」とがセットになっている保険のことです。

リフォームの瑕疵保険に入っておけば、リフォーム内容を保証するための検査が行われます。
また、リフォームの工事で欠陥が見つかったときや、工事の途中でリフォーム会社が倒産してしまった場合に損害分の料金を受け取ることができます。

実際に瑕疵保険に加入するのは、リフォームを発注した方ではなく、リフォーム工事を行う事業者です。
瑕疵保険を利用するためには、リフォーム瑕疵保険に登録されているリフォーム会社に施工を依頼するか、もしくは施工を頼む事業者に保険加入してもらわなくてはいけません。